前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
350件中 1 - 10件表示
  • チェ (映画)

    チェ (映画)から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    全編の上映時間が4時間30分に及ぶため、フルヘンシオ・バティスタによる独裁政権をフィデル・カストロと共に倒すキューバ革命までを描いた『チェ 28歳の革命』(')と、ボリビアでの敗北と処刑までを描いた『チェ 39歳 別れの手紙』(')の二部作に分けられている。チェ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • キューバ

    キューバから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1953年7月26日に、このようなアメリカによる半植民地状態の克服を夢見て、弁護士フィデル・カストロ率いる青年たちが蜂起(モンカダ兵営襲撃)したが失敗に終わり、関係者は投獄された。1954年にバティスタは形式のみの信任選挙で再選を果たし、1955年の大統領就任と同時に憲法に基く統治を復活させ、フィデル・カストロらの政治犯に恩赦を与えた。フィデル・カストロは恩赦によって出獄すると反政府組織「7月26日運動(M26)」を結成、同志とともにメキシコに亡命した。その後、砂糖の国際価格の安定によりキューバ経済の状況は改善されたが、バティスタの独裁体制は継続され続けた。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ベネズエラ内陸部のバリナス州サバネータで教師をしていた両親の間に生まれた。両親がそれぞれムラートとメスティーソのため、先住民インディオ、アフリカ、旧宗主国スペインの血を引いていた。敬虔なカトリック信者で、尊敬する政治家はラテンアメリカ独立の英雄シモン・ボリーバルと、キューバの前国家元首フィデル・カストロであった。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • チェ・ゲバラ

    チェ・ゲバラから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1956年 長女イルディタ誕生。メキシコ亡命中のフィデル・カストロ、弟のラウル・カストロと出会い意気投合、従軍医として反独裁闘争に参加することを承諾。グランマ号(10人乗りのヨットに82人)でキューバに上陸(12月2日)、以後25ヶ月間におよぶゲリラ戦に従軍。チェ・ゲバラ フレッシュアイペディアより)

  • ピッグス湾事件

    ピッグス湾事件から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ピッグス湾事件(ピッグスわんじけん、、)は、1961年に在米亡命キューバ人部隊がアメリカ合衆国CIAの支援の下でグアテマラで軍事訓練の後、キューバに侵攻してフィデル・カストロ革命政権の打倒を試みた事件。ピッグス湾事件 フレッシュアイペディアより)

  • ラテンアメリカのチャイナタウン

    ラテンアメリカのチャイナタウンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    共産党革命の成功、フィデル・カストロの1959年の台頭後、多くの中国系キューバ人起業家はアメリカ合衆国に逃亡した。今日ではKwong Wah Poだけが唯一の中国語新聞である。嘗てハバナの中華街はラテンアメリカ最大域(44平方ブロック)だった。ラテンアメリカのチャイナタウン フレッシュアイペディアより)

  • 7月26日運動

    7月26日運動から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    7月26日運動(スペイン語: Movimiento 26 de Julio; M-26-7、英語:Movement of July 26th)は、1959年にバティスタ政権転覆を行った、フィデル・カストロにより率いられた革命運動組織。7月26日運動 フレッシュアイペディアより)

  • ベトナムから遠く離れて

    ベトナムから遠く離れてから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ゲリラ戦のメカニズムについてのカストロ自身の解説。ベトナムから遠く離れて フレッシュアイペディアより)

  • エグレム

    エグレムから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1964年、フィデル・カストロ政権の下で発足し、現在もキューバ国内で運営が行われている。エグレム フレッシュアイペディアより)

  • フアン・アルメイダ

    フアン・アルメイダから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    アルメイダは、ハバナの貧しい地域に生まれた。彼は11歳で学校を中退し、左官となった。1952年、ハバナ大学で法学を学んでいる間に、彼は革命家フィデル・カストロの親密な友人となり、その年の3月には革命運動に参加した。1953年、彼はフィデルとその弟ラウル・カストロらとともに、サンティアゴのモンカダ兵営を襲撃した。その失敗により、彼はカストロ兄弟とともに逮捕、ピノス島の監獄に投獄された。彼は釈放され、1955年5月15日に恩赦が下るまでの間メキシコに亡命した。アルメイダは、カストロ兄弟やチェ・ゲバラらとともにグランマ号に乗ってキューバに帰還し、上陸時のキューバ政府軍との最初の戦闘で多くの戦士が殺されたとき、わずかに生き残った16人の一人となった。この戦闘の間、アルメイダはゲバラに「ここにあきらめる者はいない!」(あるいは「ここに降伏する者はいない」)と叫び、それは長きに渡りキューバ革命のスローガンとなった。 アルメイダはまた狙撃の名手としても知られていた。キューバではかつてアフリカ系キューバ人に対する差別が存在したが、革命の間、彼は傑出した地位にいる黒人として変化の象徴となった。フアン・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
350件中 1 - 10件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード