前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
301件中 1 - 10件表示
  • OHV

    OHVから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    SV方式からの移行期には吸気弁がOHV、排気弁がSVというIOE(intake/inlet over exhaust)エンジンも存在した。IOEエンジンはウィリス時代のジープやハーレーダビッドソンなどにも見られ、米国などでは「Fヘッド」、日本では「F頭式」と通称される。自動車やオートバイではOHVの登場によって廃れたが、汎用石油発動機ではその後も多く見られた。また逆に吸気弁がSV、排気弁がOHVというEOI(Exhaust over intake)エンジンも存在した。OHV フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・マシン・アンド・ファウンドリー

    アメリカン・マシン・アンド・ファウンドリーから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    1980年代中頃まで同社の民生品は動力付き模型飛行機、スキー板、芝生及び園芸器材、ベン・ホーガンブランドのゴルフクラブ、ボイトブランドのボール、フィットネスバイク及びエクササイズ用品、ハッテラス・ヨット、アルコート・セイルボート、ニンブル・バイシクル、動力付自転車、モペッド、スクーバ器材であった。しばらくの間、AMFはハーレーダビッドソンを所有していた。生産設備の老朽化と品質管理問題の増加は、1970年代後半から1980年代前半にかけての販売不振の原因となった。大幅に多様化した生産品目は効率的に管理するのが困難であることが判明し、一連の損失を被った後に、同社は生産品目の大部分を売却し始めた。アメリカン・マシン・アンド・ファウンドリー フレッシュアイペディアより)

  • 疾風伝説 特攻の拓

    疾風伝説 特攻の拓から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    愛車はノートンタイプのタンク、シングルシートとハーレーダビッドソン用も製造している部品メーカー ルシファーズ・ハンマーのピストンとシリンダーを執事の桧原に組ませた"悪魔の鉄槌(ルシファーズ・ハンマー)"と呼ばれるヤマハ・SR。疾風伝説 特攻の拓 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のロードレース世界選手権

    1976年のロードレース世界選手権から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    350ccはクラス唯一のワークスであるハーレーダビッドソンのウォルター・ヴィラをプライベーターのヤマハ勢が包囲するという構図となった。開幕戦はヴィラが制したが、第2戦・第3戦は前年のチャンピオンのジョニー・チェコットが連勝してポイント争いをリードした。シーズン中盤はジャコモ・アゴスチーニがダッチTTでMVアグスタに350ccクラス最後の勝利をもたらすなど混戦が続いたが、後半戦になるとヴィラがフィンランドからドイツまで3連勝を飾り、チェコットを振り切ってタイトルを獲得した。1976年のロードレース世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • クルーザー (オートバイ)

    クルーザー (オートバイ)から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    クルーザー()とは、オートバイの車体形態の一つで、起伏が少なく直線が長い道路を巡航することに重点を置いた車体構造を持つ車種、ならびにその特徴を模倣したものを指す。北米大陸の風土の中で発達し、ハーレーダビッドソンやインディアンなどのアメリカ合衆国製のオートバイに代表されることから、日本では「アメリカンバイク」などと呼ばれる。クルーザー (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • フォード・Fシリーズ

    フォード・Fシリーズから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    基本シャーシやボディパネルまで大幅に刷新された。大きく丸みを帯びたボディが特徴。当時は、この斬新なデザインが話題を呼んだ。1999年モデルで、F-250、F-350が、スーパーデューティーとして独立。以降は、一般的なF-150とは別設計になる。2001年モデルで、フレアーサイド仕様にF-150初のクルーキャブ仕様が登場。オートバイメーカーのハーレーダビッドソンや、テキサス州のキングランチ牧場とタイアップしたモデルなど多彩なモデルが登場し、11代目にも受け継がれている。その一方で衝突安全性が著しく低い事が実証されている。フォード・Fシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジューダス・プリースト

    ジューダス・プリーストから見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    10月、5thアルバム『殺人機械』発表。アメリカでは1979年2月に発表され、タイトルも『Hell Bent for Leather』と変更された。アメリカ盤にはフリートウッド・マックのカヴァー「グリーン・マナリシ」が追加収録されている。アルバム発表後イギリスツアー開始。このツアーからバンドのステージ衣装としてレザー&スタッドを着用するようになり、ロブ・ハルフォードはハーレーダビッドソンを乗り回すパフォーマンスを始める。重厚で引き締まったサウンドによる音楽性と、ツアーにおけるステージ演出に至るまで今日のヘヴィ・メタルのスタイルがある程度確立されたといえる。ジューダス・プリースト フレッシュアイペディアより)

  • 陸王 (オートバイ)

    陸王 (オートバイ)から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    生産された車両は主としてアメリカのハーレーダビッドソンを源流としていた。陸王の生産に携わった企業は、幾度の買収や倒産を経たため数社に跨っている。陸王 (オートバイ) フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸道路

    湾岸道路から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    杉本健介は妻である芙美子の浪費癖のために、ようやく買うことに漕ぎ着けたハーレーの頭金を支払えなかった。しかし、お互いを深く干渉しない都会的な結婚生活を2年続けていて、それは上手くは行っていた。そのため、芙美子がお金を自由に使うためクラブにアルバイトに行きだし、彼女にお金を払って寝たい客が出てきても彼は許した。妻の浪費癖が身に掛かるという難題は消えたが、同時に彼の中で空虚なことが広がっていく。湾岸道路 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村秀雄

    吉村秀雄から見たハーレーダビッドソンハーレーダビッドソン

    航空機関士として入社後は福岡から沖縄、台湾、北京、上海などを飛び回っていた吉村であったが、1941年12月8日の真珠湾攻撃を境に大日本航空は海軍徴用隊、陸軍徴用隊、大日本航空残留組に三分割され、吉村は日本でしばらく経験をつんだ後、海軍徴用隊として1942年7月にはシンガポールへ派遣されることとなった。シンガポールは比較的安定していたため、現地ではギターを弾いたり、ダンスホールに通う、ハーレーダビッドソンを乗り回すなど余裕のある生活が可能であったが、1943年2月6日、バンコクからサイゴンへの道中、前線であったクェゼリン島で弟、清之が戦死したという一報が吉村のもとに届いた。この頃から不安や恐怖を忘れるために、吉村はたびたび深酒をするようになった。1945年、戦況は悪化の一途をたどり、シンガポールにも危険が及んだため吉村は台北へと移動することとなった。ある夜、海軍参謀に呼び出された吉村は特攻機の夜間飛行を先導するという特殊任務を課せられた。銀河に搭乗し予科練を出たばかりの若者16名あまりを死地へ送り出し、弟や予科練時代の旧友の死を受け、吉村は毎晩酒に溺れるような生活を続けた。その結果、胃腫瘍で大量に吐血し、急遽胃の切除手術を受けることとなった。酒におぼれていた吉村には麻酔が効きにくくなっていたため、ベッドに手足を縛りつけた状態で手術は行われ、胃の3分の2を切除することになった。予科練第八期生219名中、189名は戦死。こうして終戦を迎えた。吉村秀雄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
301件中 1 - 10件表示

「ハーレーダビッドソン」のニューストピックワード