前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    グランドスラムでは、全豪オープンを全試合ストレート勝ちで優勝。グランドスラムでの達成は1980年全仏オープンのビョルン・ボルグ以来27年ぶり史上4人目で、全豪オープンとしては1971年のケン・ローズウォール以来の快挙であった。全仏オープンは決勝でナダルに敗れ、年間グランドスラムを阻まれた。ウィンブルドンは決勝でナダルとの接戦を制し、1980年のビョルン・ボルグ以来となる5連覇を達成。全米オープンも決勝で新鋭ノバク・ジョコビッチを破り、前人未到を更新する4連覇を果たした。これにより、歴代最多となる10大会連続グランドスラム決勝進出を達成した。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・マリー

    アンディ・マリーから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチと共にBIG4と称される。アンディ・マリー フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ナダル

    ラファエル・ナダルから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    第2シードで出場した全仏オープンではロビン・セーデリング、ケビン・キム、ポール=アンリ・マチュー、レイトン・ヒューイット、ノバク・ジョコビッチ、イワン・リュビチッチに勝利し決勝進出。決勝戦ではフェデラーに1-6, 6-1, 6-4, 7-6で勝ち、大会2連覇を達成。クレーコートでの連勝記録を「60連勝」に伸ばし、それまでグランドスラムシングルス決勝戦で負けたことがなかったフェデラーに、初めての黒星をつけた。ラファエル・ナダル フレッシュアイペディアより)

  • 錦織圭

    錦織圭から見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    4大大会では、プロテクトランキングを使用して全仏オープンに繰り上げでストレートインを果たし初出場。初戦でサンティアゴ・ヒラルドを2セットダウンからの逆転で下したあと、2回戦でノバク・ジョコビッチにストレートで敗れた。錦織圭 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    デルポトロは父親が元セミプロのラグビー選手で獣医、母親が教師という家庭に育ち、7歳からテニスを始めた。ジュニア選手時代は、2002年に「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の14歳以下の部で優勝がある。2003年から男子ツアー下部組織の大会群を転戦し始め、2006年全仏オープンで4大大会にデビューする。同年10月「ジャパン・オープン・テニス選手権で、ティム・ヘンマンとの3回戦まで勝ち進んだ。2007年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップアルゼンチン代表選手に選ばれる。デ杯代表入りの後、7月のインディアナポリス・テニス選手権で男子ツアーのダブルス初優勝を達成。この年は全米オープン3回戦でノバク・ジョコビッチに挑戦した。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • ジョー=ウィルフリード・ツォンガ

    ジョー=ウィルフリード・ツォンガから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    ツォンガは全豪オープンで旋風を起こし、世界ランキング38位のノーシードから決勝に勝ち進んだ。1回戦で第9シードのアンディ・マリーを破った勝利から始まり、4回戦でライバルのガスケ、準々決勝でミハイル・ユージニーを破ると、準決勝でも第2シードのナダルを6-2, 6-3, 6-2のストレートで破り、旋風を沸き起こした。ツアー経歴で最初のシングルス決勝進出をグランドスラムで決めた選手は、1997年全仏オープンで世界ランキング66位から初優勝したグスタボ・クエルテン以来の快挙となった。決勝では準決勝で世界1位のロジャー・フェデラーを破った第3シードのノバク・ジョコビッチに6-4, 4-6, 3-6, 6-7で敗れ、この大会の準優勝者となった。ジョー=ウィルフリード・ツォンガ フレッシュアイペディアより)

  • スタン・ワウリンカ

    スタン・ワウリンカから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年5月のBNLイタリア国際で、ワウリンカはノバク・ジョコビッチとの決勝戦まで進み、この大会で準優勝した。翌週の世界ランキングでワウリンカは初めてトップ10入りした。8月の北京五輪で、ワウリンカ/ロジャー・フェデラー組は男子ダブルスの第4シードに選ばれた。2人は準決勝でアメリカのブライアン兄弟を破ると、決勝戦でスウェーデンのシーモン・アスペリン/トーマス・ヨハンソン組を6-3, 6-4, 6-7, 6-3で破り、スイスのテニス選手としてバルセロナ五輪の男子シングルスを制したマルク・ロセ以来の金メダルをもたらした。スタン・ワウリンカ フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ベルディハ

    トマーシュ・ベルディハから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    第15シードで出場した2010年全仏オープンでは4回戦で第4シードのアンディ・マリーを倒し、ロビン・セーデリングとの準決勝まで勝ち上がった。結果は6-3, 3-6, 5-7, 6-3, 6-3で敗退したが、自身初となるグランドスラム4強入りを果たした。勢いに乗ったベルディハはウィンブルドン選手権で旋風を起こし、準々決勝、同選手権で6度の優勝を誇るロジャー・フェデラーを6-4, 3-6, 6-1, 6-4で破った。同大会で2年連続7度目の優勝を狙っていたロジャー・フェデラーが決勝進出を逃したのは8年ぶりだったこともあり、快挙を成し遂げたベルディハは大きな注目を集めた。次の準決勝で世界3位のノバク・ジョコビッチを破り、初の4大大会決勝進出を果たす。決勝戦、ラファエル・ナダルに6-3, 7-5, 6-4で敗退するが、チェコ勢として、1987年のイワン・レンドル(当時チェコスロバキア)以来、実に23年ぶりの決勝進出を果たした。トマーシュ・ベルディハ フレッシュアイペディアより)

  • マリン・チリッチ

    マリン・チリッチから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    2008年は年初のチェンナイ・オープンでベスト4の好成績を収めた後、全豪オープンで4大大会に初出場した。この大会では1回戦で第27シードのニコラス・アルマグロを破って波に乗り、一気にジェームズ・ブレークとの4回戦まで勝ち進んだ。この年はウィンブルドンでも4回戦に進出し、アルノー・クレマンに3-6, 5-7, 2-6で敗れた。8月北京五輪にクロアチア代表として選出され、フェルナンド・ゴンサレスとの2回戦まで進出した。翌週に行われた全米オープン最後の前哨戦パイロット・ペン・テニスで、チリッチは決勝で大会前年度準優勝者のマーディ・フィッシュを6-4, 4-6, 6-2で下し、ツアー初優勝を遂げた。これらの活躍により、全米オープンで初めて「第30シード」に選出され、ノバク・ジョコビッチとの3回戦まで進出した。マリン・チリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミロシュ・ラオニッチ

    ミロシュ・ラオニッチから見たノバク・ジョコビッチノバク・ジョコビッチ

    デビスカップでは1回戦のスペイン戦でアルベルト・ラモスとギジェルモ・ガルシア=ロペスに、準々決勝のイタリア戦ではファビオ・フォニーニとアンドレアス・セッピに勝利し、カナダの準決勝進出に貢献。準決勝のセルビア戦ではヤンコ・ティプサレビッチにフルセットで勝利するが、ノバク・ジョコビッチに敗れ、準決勝敗退となった。ミロシュ・ラオニッチ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示

「ノバク・ジョコビッチ」のニューストピックワード