前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 韓流

    韓流から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    2004年からの日本における韓流は、冬のソナタの成功に影響を受けた各種メディアが、韓流がビジネスとして積極的に展開してブームを加熱させた。ペ・ヨンジュンに続く韓国男性俳優ブームを目論見て韓流四天王などを作り出したが、四天王のチャン・ドンゴンとウォンビンが主演の韓国映画『ブラザーフッド』は宣伝費7億円を費やし、300館規模で公開されたが、興行収入が15億円と全く振るわなかった。また、2004年から放送が開始された「土曜ワイド・韓流アワー」「ドラマチック韓流」は、2005年に相次いで終了した。韓流 フレッシュアイペディアより)

  • 紳士の品格

    紳士の品格から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    主演はチャン・ドンゴンとキム・ハヌルで、CNBLUEのイ・ジョンヒョンも出演している。紳士の品格 フレッシュアイペディアより)

  • 危険な関係 (2012年の映画)

    危険な関係 (2012年の映画)から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    小説『危険な関係』の映画化には本作以前にも、1959年版、1988年版、1989年の『恋の掟』、1999年の『クルーエル・インテンションズ』、2003年の『スキャンダル』などがある。本作では1930年代の上海に舞台が置き換えられ、韓国のチャン・ドンゴンと中国のチャン・ツィイー、セシリア・チャンが出演した。危険な関係 (2012年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • ブラザーフッド (映画)

    ブラザーフッド (映画)から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    ジンテ:チャン・ドンゴン(張東健、森川智之)ブラザーフッド (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ロスト・メモリーズ

    ロスト・メモリーズから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    主演はチャン・ドンゴンで、仲村トオルも準主演で出演している。日本による朝鮮統治が継続しているパラレルワールドを舞台に、日本が体制悪として描かれている映画だが、仲村が演じるのはステレオタイプな悪役ではなく、家族を守るために親友との戦いに挑むという悲劇的な役柄になっている。ロスト・メモリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 張東建

    張東建から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    張東建 フレッシュアイペディアより)

  • チャンドンゴン

    チャンドンゴンから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    チャンドンゴン フレッシュアイペディアより)

  • チャン

    チャンから見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    (朝鮮語): チャン・ウェリョン(韓国のサッカー選手)、サラ・チャン(韓国のヴァイオリニスト)、チャン・ドンゴン(韓国の男優)、チャン・ユンジョン(韓国の歌手)など。チャン フレッシュアイペディアより)

  • 一枝梅

    一枝梅から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    1993年に崔正柱が発表した小説作品は、同年チャン・ドンゴン主演でMBCがテレビドラマ化した。SBSが一枝梅を取り上げた作品を制作したのは2008年から2009年にかけてである。同局は2008年にイ・ジュンギ主演で『イルジメ〜一枝梅』を制作。同作品は最高視聴率30パーセントを越えるヒット作となった。同局は2009年に、前年制作のテレビドラマをアニメーション化した作品を制作・放送している。一枝梅 フレッシュアイペディアより)

  • レディ・ゴー!

    レディ・ゴー!から見たチャン・ドンゴンチャン・ドンゴン

    ハン・スンホ(チャン・ドンゴンレディ・ゴー! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「チャン・ドンゴン」のニューストピックワード