スティーブン・ストラスバーグ ニュース&Wiki etc.

スティーブン・ジェームズ・ストラスバーグ(Stephen James Strasburg, 1988年7月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。愛称はスターズ。代理人はスコット・ボラス。 (出典:Wikipedia)

「スティーブン・ストラスバーグ」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「スティーブン・ストラスバーグ」のつながり調べ

  • 7月20日

    7月20日から見たスティーブン・ストラスバーグ

    1988年 - スティーブン・ストラスバーグ、メジャーリーガー(7月20日 フレッシュアイペディアより)

  • クレイトン・カーショウ

    クレイトン・カーショウから見たスティーブン・ストラスバーグ

    1月17日に、ドジャースとMLBの投手史上最高額(当時)となる総額2億1500万ドルの7年契約を結んだ。3月30日に左の肩甲骨付近の筋肉の張りを訴え、15日間の故障者リスト入りし、5月6日に復帰した。6月18日のロッキーズ戦で、9回を1失策のみの無安打、無四球、15奪三振、無失点で自身初のノーヒットノーランを達成した。6月は6試合に登板し、6連勝、44回で防御率0.82、61奪三振と素晴らしい結果を残し、自身3度目のピッチャー・オブ・ザ・マンスを獲得した。その後も好調を維持し、7月にも5試合に登板して4勝を挙げると、8月21日のサンディエゴ・パドレス戦からシーズン最後の登板となった9月24日のジャイアンツ戦にかけて7試合で7連勝を記録し、最終的には自身最多タイの21勝を記録。3年振り2度目となる最多勝利を獲得した。また、防御率に関しても、7月4日のロッキーズ戦で8回無失点と好投して1点台に突入すると、以降シーズン終了まで1点台をキープ。自己最高の防御率1.77でシーズンを終え、4年連続4度目となる最優秀防御率のタイトルも手にした。1.77という成績は21世紀のMLBでは最高の数字で、4年連続の最優秀防御率タイトル獲得は、サンディ・コーファックス(1962年-1966年)以来となった。一方、奪三振は、ドジャースが160試合を消化した時点ではリーグトップに立っていたものの、その後登板したワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグとシンシナティ・レッズのジョニー・クエトにかわされ、リーグ3位。自身2度目の投手三冠達成とはならなかった。セントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズでは、第1戦と第4戦に先発。どちらの試合も6回までは好投を見せていたが、7回に逆転を許したことで2試合とも敗戦投手となり、チームも敗退した。オフには2年連続3度目のサイ・ヤング賞を受賞、シーズンMVPにも輝いた。MVPとサイ・ヤング賞の同時受賞は史上11人目。ナ・リーグで投手がMVPに選ばれたのは1968年以来だった。(クレイトン・カーショウ フレッシュアイペディアより)

「スティーブン・ストラスバーグ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「スティーブン・ストラスバーグ」のニューストピックワード