スティーブン・ストラスバーグ ニュース&Wiki etc.

スティーブン・ジェームズ・ストラスバーグ(Stephen James Strasburg, 1988年7月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ワシントン・ナショナルズに所属。愛称はスターズ。代理人はスコット・ボラス。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「スティーブン・ストラスバーグ」のつながり調べ

  • ジェイソン・ヘイワード

    ジェイソン・ヘイワードから見たスティーブン・ストラスバーグ

    は、19歳にしてメジャーのスプリングトレーニングに招待選手として参加。紅白戦では川上憲伸から本塁打を放ち、「まだ19歳だなんて信じられない」と言わしめた。シーズンはA+級マートルビーチからスタートし、49試合で打率.296の好成績を残してAA級ミシシッピ・ブレーブスに昇格。AA級ミシシッピでは47試合で打率.352と打ち、シーズン終盤にはAAA級グウィネット・ブレーブスに昇格した。7月には、マイナーリーグのオールスター「フューチャーズゲーム」にアメリカ合衆国代表として出場した。シーズン終了後には、大リーグ公式サイトのプロスペクトTOP50で、スティーブン・ストラスバーグらを抑え1位に選ばれた。また、ベースボール・アメリカとUSAトゥデイ選定のマイナー年間最優秀選手賞を受賞した。(ジェイソン・ヘイワード フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ナショナルズ

    ワシントン・ナショナルズから見たスティーブン・ストラスバーグ

    2009年のドラフトでは、1巡目(全体1位)でスティーブン・ストラスバーグを指名し、ドラフト史上最高の総額1510万ドルで契約を結んだほか、14巡目で駒澤大学附属苫小牧高等学校出身の鷲谷修也を指名し契約したが、鷲谷は2010年6月に傘下のマイナー(ルーキークラス)、ガルフ・コースト・ナショナルズを成績不振で解雇された。(ワシントン・ナショナルズ フレッシュアイペディアより)

「スティーブン・ストラスバーグ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「スティーブン・ストラスバーグ」のニューストピックワード