前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    ジョシュ・ホワイトセル(東京ヤクルトスワローズ)プロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 日高亮

    日高亮から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    春季キャンプでは浦添市の一軍キャンプに召集され、オープン戦で結果は出なかったが開幕一軍となった。4月12日の対読売ジャイアンツ戦で8回4点日ハンドから3番手としてプロ初登板を果たし、先頭の坂本勇人から空振り三振を奪ったが、2安打1四球で一死満塁として迎えた高橋由伸のファーストゴロをジョシュ・ホワイトセルがフィルダースチョイスして1失点、続く長野久義のライト前2点タイムリーヒットで途中降板となった。代わった橋本義隆が併殺に抑えた事でデビュー戦成績は0回1/3を投げ3安打1四球3失点だった。4月15日の対横浜ベイスターズ戦で8回1点リード二死一二塁のホールド機会から4番手で登板し、迎えた金城龍彦にシンカーを左中間へ運ばれ、逆転のスリーランホームランで救援失敗しチームは開幕3連敗となった。4月23日に二軍へ降格した。二軍では6月まで防御率6.00と苦しんだが、7月以降は2試合の先発を含めて防御率2.84と好調だったため、9月9日に一軍へ昇格。9月10日の対阪神タイガースで6回4点リード一死一二塁から3番手で登板し、代打狩野恵輔を空振り三振、小宮山慎二をセカンドゴロに打ち取り、プロ入り初ホールドを記録した。9月27日に本拠地明治神宮野球場で行われた対阪神戦で5回1点ビハインドから2番手で登板し、3番からの打線に走者を三塁に進めながらも無失点で切り抜け、6回を3者凡退に抑えると、同裏に代打・川島慶三の同点タイムリー安打、川端慎吾の満塁本塁打による5点の援護でプロ入り初勝利を手にした。初の3連投となる10月3日の対横浜戦では5回同点二死一三塁から登板し、内藤雄太をセカンドゴロに抑え、6回に2点の援護を貰いシーズン2勝目を挙げた。一軍では主に僅差のビハインドからのワンポイントリリーフとして起用された。CSはファーストステージの第1戦、第2戦でベンチ入りを果たしたが登板機会がなく10月31日に抹消された。日高亮 フレッシュアイペディアより)

  • マーシャル・ブラント

    マーシャル・ブラントから見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    代打3打席連続本塁打 ※史上初(後に1989年真弓明信、1996年藤立次郎、2011年ジョシュ・ホワイトセルが記録)マーシャル・ブラント フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の東京ヤクルトスワローズ

    2010年の東京ヤクルトスワローズから見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    この年の東京ヤクルトスワローズは、高田繁監督の3年目のシーズンである。シーズン序盤から借金を重ね、交流戦に入ると全く勝てなくなり、交流戦開始から9連敗したところで、高田監督が辞任を申し出て、残りのシーズンをヘッドコーチの小川淳司が監督を代行することになった。小川監督代行が打線を組み替え、不振のデントナに代わり、守備の不安から起用が控えられていた畠山を本職ではない外野でスタメン起用し、ホワイトセルを獲得すると、得点力が大幅に上昇し、チーム成績が急上昇した。監督代行就任時に19あった借金は8月25日に完済し、クライマックスシリーズに手の届く所までチームを建て直したが、序盤の借金が響き、最終的にシーズンを4位で終えた。そして、翌シーズンの監督に小川監督代行が就任することが決定した。2010年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の千葉ロッテマリーンズ

    2013年の千葉ロッテマリーンズから見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    10月3日 - 吉見祐治、橋本健太郎、山本徹矢、山室公志郎、青野毅、工藤隆人に戦力外通告したことを発表。またディッキー・ゴンザレス、ジョシュ・ホワイトセルと来季の契約を結ばない事も発表2013年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    10月3日 - ロッテは吉見祐治、橋本健太郎、山本徹矢、山室公志郎、青野毅、工藤隆人に戦力外通告したことを発表。またディッキー・ゴンザレス、ジョシュ・ホワイトセルと来季の契約を結ばない事も発表2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 藤立次郎

    藤立次郎から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    代打3打席連続本塁打 ※史上3人目(過去の達成者は1984年のマーシャル・ブラント、1989年の真弓明信、後に2011年のジョシュ・ホワイトセル藤立次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 林イー豪

    林イー豪から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    初奪三振:2010年8月31日、対東京ヤクルトスワローズ18回戦(石川県立野球場)、3回表にジョシュ・ホワイトセルから空振り三振林イー豪 フレッシュアイペディアより)

  • アイデンティティ (サカナクションの曲)

    アイデンティティ (サカナクションの曲)から見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    「アイデンティティ」のサビの部分のメロディーが、プロ野球・元千葉ロッテマリーンズのジョシュ・ホワイトセルの応援歌に使用されている。アイデンティティ (サカナクションの曲) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイミー・デントナ

    ジェイミー・デントナから見たジョシュ・ホワイトセルジョシュ・ホワイトセル

    は開幕当初こそ打ちまくったものの4月以降は極度の不振に陥り、更に途中加入のジョシュ・ホワイトセルの活躍によってスタメンを外れ代打に回ることが多くなった。7月には一時登録を抹消され、シーズン終盤には出場機会を増やすために外野守備に挑戦するなどしたが、最終的に99試合に出場し打率.245・15本塁打・50打点という成績でチームの前半戦低迷の一因にもなった。また対左投手の打率が.360なのに対し、対右では.175と右投手に大しては極端に相性が悪かった。翌年以降の契約については小川淳司監督がホワイトセルとの併用という形での残留を希望するなど去就が注目されたが、11月18日にヤクルトは右打者の新外国人・ウラディミール・バレンティンを獲得、同時にデントナとは来季の契約を結ばないと発表した。ジェイミー・デントナ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示