前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示
  • 2009年のイタリア

    2009年のイタリアから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2月6日 - 17年前の交通事故により植物状態に陥っていた38歳のイタリア人女性について、家族の要請により延命措置を停止。同月9日、女性は死亡した。延命措置の停止にはローマ教皇庁は猛反対しており、イタリアの世論も賛否二分していた。中道右派のベルルスコーニ政権は延命停止阻止に動いていたが、女性の死はその矢先だった 。2009年のイタリア フレッシュアイペディアより)

  • 2008年イタリア総選挙

    2008年イタリア総選挙から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    ファイル:Silvio Berlusconi in Japan.jpg|自由の人民(PdL)シルヴィオ・ベルルスコーニ2008年イタリア総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の政治

    1994年の政治から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1月18日 - イタリアの実業家、シルヴィオ・ベルルスコーニが新党「フォルツァ・イタリア」(FI)を結成し、次期総選挙への出馬を表明する。1994年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    4月14日 - (イタリア)総選挙でシルヴィオ・ベルルスコーニ率いる中道右派連合が上下両院で過半数を制し勝利。一方で共産主義政党が議席を失い、二大政党が進んだ。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンフランコ・フィーニ

    ジャンフランコ・フィーニから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    とはいえ一定の穏健化は得票には結び付かなかったものの、それまでMSIを敬遠していた企業からの経済支援を得れる様になった。1993年のローマ市長選では党首のフィーニが出馬、決選投票で敗れるものの組織の再建が進んでいる事を証明した。因みにこの時フィーニ陣営を支援した人物の一人にまだ企業家であったシルヴィオ・ベルルスコーニが含まれていた。ジャンフランコ・フィーニ フレッシュアイペディアより)

  • 共産主義再建党

    共産主義再建党から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1996年の総選挙においてロマーノ・プローディ率いる中道左派連合「オリーブの木」がシルヴィオ・ベルルスコーニ率いるフォルツァ・イタリアを破ったが議会過半数に及ばなかった。そこで当時書記長であったベルティノッティは閣外協力で合意したことによりプローディ政権が発足、再建党は与党入りした。共産主義再建党 フレッシュアイペディアより)

  • ロッジP2

    ロッジP2から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    その中には、第二次世界大戦後の王制廃止により、スイスやポルトガルでの亡命生活を余儀なくされていたヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア元イタリア王国王太子の他にも、30人のイタリアの現役将軍、38人の現役国会議員、4人の現役閣僚、情報機関首脳、後のイタリア首相となるシルヴィオ・ベルルスコーニなどの実業家、大学教授などが含まれており、「P2事件」と呼ばれイタリア政財界のみならず、ヨーロッパ中を揺るがす大スキャンダルとなり、ときのアルナルド・フォルラーニ首相は辞任に追い込まれた。ロッジP2 フレッシュアイペディアより)

  • 自由の人民 (イタリア)

    自由の人民 (イタリア)から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    政党連合「自由の家」を構成していた中道右派政党のフォルツァ・イタリアや国民同盟などが、合流を視野に、2007年11月、政党連合として結成。2008年総選挙で、イタリア議会上下両院で連合に参加した北部同盟と共に圧倒的過半数を占めることに成功し、シルヴィオ・ベルルスコーニ政権の与党となった。そして、翌2009年3月末に政党化された。2010年以降、ベルルスコーニの相次ぐ汚職とそれに対する免責運動により党内対立が生じ、イタリアのための未来と自由(LFI)、イタリアの同胞・国民右翼(FdI?CN)、新中道右派(NCD)が分派するなど求心力が低下していった。自由の人民 (イタリア) フレッシュアイペディアより)

  • 2013年イタリア総選挙

    2013年イタリア総選挙から見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    2011年11月、悪化していた財政危機の責任を取るためベルルスコーニ首相が辞任した後、ナポリターノ大統領はエコノミストであるモンティを後継首相に指名、上下両院で北部同盟を除く各政党の承認を経て政治家を排除した企業幹部や外交官などで構成される実務型内閣を発足させた。モンティ首相は緊縮財政政策を実施、同時に年金支給開始年齢の引き上げや物価スライド制の廃止といった年金改革や、資産税や付加価値税の増税、解雇規制の緩和などを実施した。2013年イタリア総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア

    イタリアから見たシルヴィオ・ベルルスコーニシルヴィオ・ベルルスコーニ

    1999年にアメリカのマーティン・フランクルがローマへ高飛びし、ハンブルクへ逃れてゆき、やがて2001年初頭に逮捕された。彼を支援したコラジョヴァンニも同年クリーブランドで逮捕された。2002年6月に第2次ベルルスコーニ内閣が北部同盟と国民同盟で混成された。翌月、主催国としてジェノヴァでサミットを開催したが、反グローバリゼーションを主張する激しい抗議行動にみまわれ、デモ参加者を射殺するまでに至った。ベルルスコーニ内閣は議会の多数にものをいわせ、労働・移民・司法・メディア等の分野で強引な政策を実施した。首相は海底ケーブルの敷設ブームにあってメディア利権に固執した。政府が議員を買収する悪習は19世紀末から続いている(トラスフォルミズモ)。地方自治を定めた憲法第5部も改正してしまい、「緩やかな連邦制」を導入するあたり外資の進出を促しており、民族による統一をイタリアは達成できていない。2003年、レナート・ダルドッツィ(Renato Dardozzi)が死亡した。彼は1974年から1990年代後半にかけて宗教事業協会の資産管理に携わったが、その極秘資料と、それを公表せよとの遺言をのこした。2004年、イタリアの破毀院がバチカン・ラジオによる電磁波障害をめぐる裁判において、国内訴因は教皇庁が被疑者であっても、正当な捜査が保障されるとの認識を示した。2005年、エトナ火山が噴火し、国内総生産伸び率がゼロとなった。2006年、バチカン金融当局長のレーネ(René Brülhart)が情報を提供、シーメンスが教皇庁へ贈賄していたことが分かった。2007年、REIT制度化(SIIQ)。イタリアは世界金融危機でPIIGSとなった。11月ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された。2008年12月17日、マフィア99人を一斉検挙した。2009年、5月に『バチカン株式会社(Vaticano S. p. A.)』が出版された。これはダルドッツィの資料に基く暴露本であり、ポール・マルチンクスの後継であるデ・ボニス(Donato De Bonis)などの金融スキャンダルを書いている。同年6月にはキアッソ米国債事件が起こった。2010年2月28日ガーディアンが、『バチカン株式会社』の売れ行きと内容に無反応なイタリアのメディアをベルルスコーニの手先であるかと挑発した。2010年3月17日、ミラノ市がデリバティブ詐欺容疑で、ドイツ銀行、JPモルガン・チェース、UBS、デプファ銀行(Depfa Bank)を起訴した。ミラノ市が2005年に実施した17億ユーロ相当の売りオペに関係したスワップ取引の金利調整で、被告4行が隠れ手数料をせしめたという。隠れ手数料は、JPモルガン・チェースが4500万ユーロ、ドイツ銀行が2500万ユーロ、デプファ銀行が2100万ユーロ、UBSが1000万ユーロ。2011年、福島第一原子力発電所事故をうけて原子力反対運動が顕著となり、同年6月に行われた国民投票の結果、再度国内原子力開発を断念することになった。2012年、イタリア北部地震。同年末、政府の財政収支均衡原則を憲法に盛り込んだ。2013年イタリア総選挙は外為相場を揺さぶった。2014年、欧州中央銀行によるストレステストで、イタリアの銀行14行のうち9行が不合格となった。2015年、憲法裁判所判事を務めてきたセルジョ・マッタレッラが2月に大統領となり、また5月にFIFA汚職事件がおこり、7月9日ナポリでベルルスコーニへ贈賄罪で禁錮3年の判決がくだった。2016年という一年間に、フェルディナンド2世・デ・メディチが創業したモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は株価を88%も下げた。2017年2月15日、議会が同行以下、経営難の金融機関に最大200億ユーロを注入する法案を可決した。6月1日、欧州委員会も同行への支援を政府と合意した。前後して3月3日、ロイヤル・ダッチ・シェルとEniが、ナイジェリアの油田権益を巡る贈賄罪で起訴されたことがわかった。イタリア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示

「シルヴィオ・ベルルスコーニ」のニューストピックワード