グレッグ・ノーマン ニュース&Wiki etc.

グレグ・ノーマン(Greg Norman, 1955年2月10日 - )は、オーストラリア・クイーンズランド州マウントアイザ出身のプロゴルファーである。White Shark(ホワイト・シャーク)というニックネームで知られている。 (出典:Wikipedia)

「グレッグ・ノーマン」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「グレグ・ノーマン」のつながり調べ

  • 中嶋常幸

    中嶋常幸から見たグレグ・ノーマン

    1986年ターンベリー(パー70)開催の全英オープンでは、7月16日の練習ラウンド終了後に「コースが難しいなら、クラブは易しいものがいい」との判断により、ドライバーを換えて本番に臨んだ。それまでは、この年の関東プロ選手権で優勝した時に使用したハードヒッター向けのスペックのドライバーを使用していたが、これを米ツアーで活躍中のアンディ・ビーンに譲り、ミズノの小野昭司が製作したロフト11度、43.5インチ、バランスD5のドライバーに変更。強い寒風と小雨の初日は首位のイアン・ウーズナムでさえパープレイで、中嶋は74。2日目の中嶋はパットが冴えて、9番ホールから9ホール連続1パットでカップイン(15番から17番ホールは3連続バーディ)させるなどして、この日67。風雨の3日目はショットが冴えて、71でしのぎ、54ホール終了時点で首位のグレグ・ノーマンに1打差の2位となり、久米宏が中嶋の心労を気遣うほど猛烈なマスコミの取材攻勢を受けた。最終日7月20日はノーマンと最終組で午後2時40分(日本時間:同日午後11時40分)スタートで廻ったが、1バーディ(7番ホール)、6ボギー、1ダブルボギー(1番ホール)の77と崩れ、4日間通算289の9オーバーで、ファジー・ゼラーらとともに8位タイに終わった。(中嶋常幸 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・エバート

    クリス・エバートから見たグレグ・ノーマン

    クリス・エバートはジョン・ロイドとの離婚後、1988年にアルペンスキー選手のアンディ・ミルと2度目の結婚をした。選手引退後、エバートとミルは3人の子供をもうけたが、2006年に再度離婚する。2008年6月、エバートはオーストラリアのプロゴルファーであるグレグ・ノーマンと3度目の結婚をしたが、2009年10月に離婚したことを公表した。(クリス・エバート フレッシュアイペディアより)

「グレッグ・ノーマン」のニューストピックワード