イタイイタイ病 ニュース&Wiki etc.

イタイイタイ病(イタイイタイびょう)とは、岐阜県の三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱山)による鉱山の製錬に伴う未処理廃水により、神通川下流域の富山県で発生した公害で、日本初の公害病で四大公害病のひとつである。略してイ病ともいう。 で、オックスフォード英語辞典など世界の多くの辞書に記載され、そのまま英語になった日本語の一つとな… (出典:Wikipedia)

「イタイイタイ病」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「イタイイタイ病」のつながり調べ

  • 昭和

    昭和から見たイタイイタイ病

    昭和30年代(1955年(昭和30年) 〜1964年(昭和39年))には国民皆保険体制が整備されて、高度経済成長の弊害として、?四日市ぜんそく?イタイイタイ病?水俣病?新潟水俣病の4つの公害裁判となった公害病を指す『四大公害病』と言う言葉が誕生した。三重県四日市市で発生した四日市ぜんそく(別名は塩浜ぜんそく・四日市公害)・神奈川県川崎市で発生した川崎公害(主な公害病名は川崎ぜんそくである)などの大気汚染が深刻化した。熊本県水俣市で発生した水俣病(別名は熊本水俣病)・新潟県阿賀野川流域で発生した新潟水俣病(別名は第二水俣病・阿賀野川水銀中毒)などの企業犯罪による水銀中毒が発生して、また、富山県神通川流域で発生した奇病のイタイイタイ病も問題化した。深刻な公害に対応するために公害対策基本法が成立した。鉄道中心の交通から自動車中心の社会となり日本国有鉄道はローカル線を中心に赤字経営となった。昭和30年代から昭和40年代にかけて鉄道の電化工事が行われて、気動車から電車に代わり、明治時代からの乗り物で、大日本帝国期に主流だった蒸気機関車が全廃された。モータリゼーションにより子供や老人が犠牲となる交通事故も激増して、交通戦争と言われるようになった。こうした中、野党の日本社会党や日本共産党などの革新政党や、中道政治を唱える創価学会を支持基盤とする公明党は公害対策や福祉政策に取り組み、主婦層や商工業者、サラリーマンなどの都市住民に支持を広げた。大企業優先の成長路線だった保守勢力の自由民主党も、佐藤栄作首相の強力なイニシアチブの下、1971年(昭和46年)に環境庁を新設した。(昭和 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たイタイイタイ病

    2002年に中国政府農業部の「コメおよびコメ製品品質監督検査試験センター」の抜き取り検査で、サンプル中国米に含まれていた重金属で基準値超過率は鉛28.4%、カドミウムが10.3%であった。2007年の南京農業大学農業資源環境研究所の潘根興教授の調査では中国の6地区(華東、東北、華中、西南、華南、華北)のコメを無作為分析した結果、10%のコメに基準値を超えたカドミウムが含まれており、重金属汚染米は長江以南で生産される籼米(せんまい。インディカ米)であり、湖南省、江西省は深刻な状況にあった。中国のコメの年産量は約2億トンなので、カドミウム汚染米の量は2000万トンとなり、日本の米生産量882万トン(2007年)の約2.3倍にのぼる。カドミウム汚染米を食べた広西チワン族自治区桂林市陽朔県興坪鎮の思的村の住民には骨軟化症、腎機能の低下、筋力低下、骨の激痛を発症しており、これは日本でのカドミウム中毒によるイタイイタイ病と同様の症状である。この思的村では1960年以前からカドミウム汚染が存在していたとの調査報告もある。(中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

「イタイイタイ病」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「イタイイタイ病」のニューストピックワード