前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
187件中 1 - 10件表示
  • 第一三共

    第一三共から見たアステラス製薬アステラス製薬

    2013年時点で国内業界3位。世界業界20位。武田薬品工業(同16位)・アステラス製薬(同18位)・大塚ホールディングス(同21位)・エーザイ(同29位)と共に国内製薬メーカー大手5社の1つである。2017年7月時点の時価総額は、武田薬品、アステラス製薬、大塚ホールディングス、中外製薬、塩野義製薬、エーザイに次いで医薬品セクターで7位。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • グローバルヘルス技術振興基金

    グローバルヘルス技術振興基金から見たアステラス製薬アステラス製薬

    グローバルヘルス技術振興基金(Global Health Innovative Technology Fund = GHIT Fund)は日本に本部を置く公益社団法人で、日本政府(外務省、厚生労働省)と製薬関連企業16社(アステラス製薬、中外製薬、エーザイ、第一三共、富士フイルム、グラクソ・スミスクライン、ジョンソン・エンド・ジョンソン、協和発酵キリン、メルク、田辺三菱製薬、ニプロ、大塚製薬、塩野義製薬、大日本住友製薬、シスメックス、武田薬品)、ビル%26メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカム・トラスト、及びUNDP(国連開発計画)と連携する国際的な官民パートナーシップである。主に開発途上国で蔓延する感染症の医薬品、ワクチン、診断薬の研究開発に投資を行う12。ビル・ゲイツは、「GHIT Fundは日本の製薬会社、大学、研究機関の多大な革新能力を活用し、グローバルヘルス分野におけるワクチン、治療薬、診断薬の開発を加速させる」と述べている3。WHO前事務局長のマーガレット・チャンは 「GHIT Fundは先駆的なパートナーシップモデルであり、日本のイノベーション、投資、リーダーシップを世界における感染症との戦いに投入するものである」と述べている4。GHIT Fundは政府、国連機関、製薬関連企業、国際慈善財団が参画する、世界初の官民パートナーシップ基金である56。グローバルヘルス技術振興基金 フレッシュアイペディアより)

  • 青木初夫

    青木初夫から見たアステラス製薬アステラス製薬

    青木初夫(あおき はつお、1936年4月8日 - )は、日本の実業家。元アステラス製薬株式会社代表取締役会長。群馬県立渋川高等学校卒業、1960年、東京大学農学部農芸化学科を卒業。同校で1963年に農学修士、1972年に農学博士。研究畑出身であるが、米国支社社長などを経て、1999年藤沢薬品工業の社長に就任。山之内製薬との合併に踏み切り、2005年アステラス製薬を誕生させた。青木初夫 フレッシュアイペディアより)

  • ゼファーマ

    ゼファーマから見たアステラス製薬アステラス製薬

    2004年10月1日に山之内製薬および藤沢薬品工業のヘルスケア部門(消費者向け医薬品・薬粧品事業)を分割統合して発足した(出資比率は山之内製薬50%、藤沢薬品工業50%)。なお、2005年4月1日に親会社であった両社は合併し、医科向け医薬品事業のアステラス製薬となった。ゼファーマ フレッシュアイペディアより)

  • マキロン

    マキロンから見たアステラス製薬アステラス製薬

    1971年に山之内製薬(現・アステラス製薬)から発売され、それまで外傷消毒液として普及していたマーキュロクロム液(赤チン)に取って替わり、外傷消毒薬の代表製品として親しまれている。2006年に配合が見直され、主力商品の外傷消毒液は「マキロンs」として販売されている。マキロン フレッシュアイペディアより)

  • タクロリムス

    タクロリムスから見たアステラス製薬アステラス製薬

    1984年、藤沢薬品工業(現アステラス製薬)の研究により筑波山の土壌細菌(ストレプトマイセス・ツクバエンシス)より分離された。タクロリムス フレッシュアイペディアより)

  • アストラゼネカ

    アストラゼネカから見たアステラス製薬アステラス製薬

    日本には現地法人として、大阪市北区大深町のグランフロント大阪内に、アストラゼネカ株式会社()本社を置く。また東京都千代田区丸の内の丸の内トラストタワー本館内に東京支社を置いている。ゼネカは旧ICI時代に住友化学(当時は住友化学工業)と合弁でアイ・シー・アイファーマを設立したことがあり、一方のアストラは旧藤沢薬品工業(現・アステラス製薬)と合弁で藤沢アストラを設立したことがあった(いずれも当社の前身にあたる)。アストラゼネカ フレッシュアイペディアより)

  • 蓮根 (板橋区)

    蓮根 (板橋区)から見たアステラス製薬アステラス製薬

    1943年(昭和18年):山之内製薬(現・アステラス製薬)蓮根工場が志村蓮根町に開設される。蓮根 (板橋区) フレッシュアイペディアより)

  • 迫和博

    迫和博から見たアステラス製薬アステラス製薬

    迫 和博(さこ かずひろ)は、日本の薬学者。学位は薬学博士。アステラス製薬株式会社製剤研究所所長、静岡県立大学薬学部客員教授、神戸大学大学院工学研究科客員教授(連携講座)。迫和博 フレッシュアイペディアより)

  • 宮下信顕

    宮下信顕から見たアステラス製薬アステラス製薬

    竹中工務店在籍時の主な作品は、「セミテックワールドテクノロジーセンター(石塚電子R&Dセンター)」(2000年竣工、東京建築賞・日本建築士会連合会賞他)、「AGCモノづくり研修センター」(2006年竣工、シカゴアテナエウム国際建築賞・日本建築学会作品選奨他)、「アステラス製薬つくば研究センター居室・厚生棟」(2008年竣工、AIA環太平洋建築デザイン賞・日経ニューオフィス賞(経済産業大臣賞)他)、「新宿東宝ビル」(2015年竣工、BCS賞・グッドデザイン賞他)等。宮下信顕 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
187件中 1 - 10件表示

「アステラス製薬」のニューストピックワード