前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1065件中 1 - 10件表示
  • 日本人

    日本人から見たアイヌアイヌ

    近年、埴原和郎や尾本恵市などが、W・W・ハウエルズの分類による「モンゴロイドの2型」を用いている。すなわち「古モンゴロイド」と、寒冷に適応した「新モンゴロイド」である。「初め日本列島に渡来した後期旧石器時代人ないし縄文人は古モンゴロイド」であり、「縄文時代終末から弥生時代に渡来した新石器時代人を新モンゴロイド」と呼ぶ。「新モンゴロイドの影響がまったく及ばなかったアイヌや南西諸島住民は、古モンゴロイド的特徴を今もなお残している」と解されている。日本人 フレッシュアイペディアより)

  • 義経=ジンギスカン説

    義経=ジンギスカン説から見たアイヌアイヌ

    江戸時代中期の史学界では林羅山や新井白石らによって真剣に歴史問題として議論され徳川光圀が蝦夷に探検隊を派遣するなど、重大な関心を持たれていた。寛文7年(1667年)江戸幕府の巡見使一行が蝦夷地を視察しアイヌのオキクルミの祭祀を目撃し、中根宇衛門(幕府小姓組番)は帰府後何度もアイヌ社会ではオキクルミが「判官殿」と呼ばれ、その屋敷が残っていたと証言した。更に奥の地(シベリア、樺太)へ向かったとの伝承もあったと報告する。これが義経北行説の初出である。寛文10年(1670年)の林羅山・鵞峰親子が幕命で編纂した「本朝通鑑」で「俗伝」扱いではあるが、「衣川で義経は死なず脱出して蝦夷へ渡り子孫を残している」と明記し、その後徳川将軍家宣に仕えた儒学者の新井白石が『読史余論』で論じ、更に『蝦夷志』でも論じた。徳川光圀の『大日本史』でも注釈の扱いながら泰衡が送った義経の首は偽物で、義経は逃れて蝦夷で神の存在として崇められている、と生存説として記録された。義経=ジンギスカン説 フレッシュアイペディアより)

  • 蝦夷

    蝦夷から見たアイヌアイヌ

    中央政権の征服地域が広がるにつれ、この言葉が指し示す人々および地理的範囲は変化した。近世以降は、北海道・樺太・千島列島・カムチャツカ半島南部にまたがる地域の先住民族で、アイヌ語を母語とするアイヌを指す。蝦夷 フレッシュアイペディアより)

  • 大和民族

    大和民族から見たアイヌアイヌ

    大和民族の形成当初は九州地方の隼人や、東北地方の蝦夷が異民族とされていた。しかし彼らは中世以前に大和民族と完全に同化している。琉球諸島の住民は中世に独自の王朝を築いた歴史を持ち、日清両属状態を解消して完全に日本に組み込まれたのが明治になってからであるため今でも文化的異質性が残っているが、文化的・言語的には本土住民と同系であったから、近代以降の歴史の中で日本人としての一体感が醸成された。さらに大和民族からは明らかに異民族であるアイヌも大和民族との混血や文化的同化が進んだ結果、(民族的)日本人と大和民族の範囲はほぼ一致するようになり、ことさら大和民族という呼称が使われることは稀になっている。大和民族 フレッシュアイペディアより)

  • 蠣崎氏

    蠣崎氏から見たアイヌアイヌ

    当時道南では蝦夷沙汰代官であった津軽安東氏の統制下にある渡党(一般的には和人と見られているが異論がある)が、それぞれ独立した道南十二館を築き、そこを拠点にアイヌと交易を行っていた。花沢館主蠣崎季繁もその一人にすぎなかった。長禄元年(1457年)、和人とのトラブルを契機としてアイヌのコシャマインを中心とする和人への武装闘争(コシャマインの戦い)が発生すると、12館の内10の館がアイヌに落とされた。激戦の末、蠣崎季繁の客将であった信広が鎮圧したという。これにより、蝦夷地の和人社会において蠣崎氏が優勢となり、支配を確固たるものとした。また、武田信広は蠣崎季繁の婿養子となり、蠣崎氏を継承して蠣崎信広を名乗り、拠点を勝山館に移した。文明7年(1475年)には、樺太アイヌの首長から貢物を献上され、樺太にも影響力を及ぼした。信広の子光広の時代の永正11年(1514年)に松前の徳山館に本拠を移転している。蠣崎氏 フレッシュアイペディアより)

  • 縄文人

    縄文人から見たアイヌアイヌ

    父系のルーツを辿れるY染色体ハプログループに対し、ミトコンドリアDNAハプログループは母系のルーツを辿ることができる。ただし、ミトコンドリアDNAは稀に男性のDNAが混じることや、人間より検証個体の多いネズミのDNA測定では、ハプログループの分岐や時期が事実とは全く異なっていたから、あくまでもY染色体DNA等、他の資料と共に考察する必要がある。ミトコンドリアDNA(母系)の分析によって縄文人のルーツの一角が解明され、日本固有のハプログループM7aや南方系と共通の遺伝子を持つハプログループBやFを持つことが知られている。宝来聡の研究によると、「東南アジアの少数民族から日本列島に位置する琉球弧人やアイヌまでが共通の因子を持つ」とされ、形質人類学においてはこれらの人々が縄文人と最も近いとされることから、縄文人のルーツは東南アジアの旧石器時代人との見方が可能である。縄文人 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市

    旭川市から見たアイヌアイヌ

    アイヌ圏が形成されていく。神居古潭は『アイヌの聖地』でもある。旭川市 フレッシュアイペディアより)

  • ニングル

    ニングルから見たアイヌアイヌ

    ニングルは、アイヌの伝承における小人。創作の設定においては、富良野地方のアイヌの民話に登場するとされるが、登場する民話の実在は確認されていない。ニングル フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ文化

    アイヌ文化から見たアイヌアイヌ

    アイヌ文化(アイヌぶんか)とは、アイヌが13世紀(鎌倉時代後半)ころから現在までに至る歴史の中で生み出してきた文化である。現在では、大半のアイヌは同化政策の影響もあり、日本においては日常生活は表面的には和人と大きく変わらない。しかし、アイヌであることを隠す人達もいる中、アイヌとしての意識は、その血筋の人々の間では少なからず健在である。アイヌとしての生き方はアイヌプリとして尊重されている。アイヌ独特の文様(アイヌ文様)や口承文芸(ユーカラ)は、北海道遺産として選定されている。前時代の擦文文化とアイヌ文化の違いについては、「蝦夷」の項を参照。アイヌ文化 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷部全一郎

    小谷部全一郎から見たアイヌアイヌ

    小谷部 全一郎(おやべ ぜんいちろう、1868年1月17日(慶応3年12月23日) - 1941年(昭和16年)3月12日)は、日本の牧師、教師、アイヌ研究家、また義経=ジンギスカン説と日猶同祖論の提唱者。北海道アイヌ虻田学園創始者、勲六等旭日章を授与。小谷部全一郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1065件中 1 - 10件表示

「アイヌ民族」のニューストピックワード